過払い金請求は弁護士に相談を

何年も前の借金がまだ返済が終わっていない人で、金利分が大きくて何年も返済をしている人の場合は、もしかすると過払い該当するかもしれません。法律改正があったのですが、それ以前に高い金利で借りた場合では利息は払い過ぎている状況にある場合もあるということです。法改正前には、グレーゾーン金利などと言う問題があったために、高金利の貸し付けをしていたということがあり、無駄なお金を支払っていることもあるのです。

 

それ以前の借金がある人で何年もも借金返済を繰り返しているという人は、過払いになっていないか、調べたことはありますか?もし、過払いがあった場合は、弁護士や司法書士に相談をして現在の法律に合わせて再計算をしてもらうことができます。再計算の結果、過払いになっていたことがわかったら、もう、借金の返済は終わっていて、払う必要がないという場合もありますし、それ以上に、払っていることがわかれば、帰ってきます。

 

現実に過払いになっていて、お金が戻ってきたというケースで200万円の返済が残っていたのに、引き直し計算をしたところ、借金は完済していたことがわかり、しかも368万円も過払いしていたことがわかって戻ってきたという話もあります。この事例では、10年以上もの間、この借入の返済を行っていたので、そのため、このような過払いになってしまったのですがもしかすると、もし、長年消費者金融の借金を返し続けていたら、返す必要がないどころか、お金が返ってくるかもしれませんので、一度確認してみるといいですね。